タガメ

clock2 投稿日:2020-01-15 【食レポ】タガメは本当に食べられるのか?実際に食べてみた。

目次

本当に食べても大丈夫?

前肢に構えた大鎌と、丸々とした瞳が印象的なタガメ。日本では絶滅危惧種に指定されていますが、東南アジアなどではポピュラーな食材の1つで、蒸したものをソースに付けて食べたり、茹でて潰したものが料理の風味付けに用いられています。とくに雄のタガメが持つ洋ナシのようなフルーティな香り(※)は香料として利用されることもあり、メスよりも高値で取引されています。また、中国の一部地域では、山椒漬けにしたタガメを揚げて食べるところもあるそうです。

※:bugoomのタガメは加熱処理によって香りが抜けています。

気になる味と食感は?

今回ご紹介するのは、bugoomで販売中のタガメのドライスナックです。乾燥したタガメは表面「パリパリ」・中「ザクザク」の食感を楽しめる面白い食材です。1口で2つの食感が楽しめるので、個人的にはかなりASMR向けの食材だと思っています。背中にある翅はパリっとしていて美味しいのですが、これが意外と噛み切るのが大変。パリパリ食感はやや薄れてしまいますが、苦手という方はいっそ外してしまっても良いでしょう。

翅をむしったタガメ

味については、製造の過程で塩漬けにしているのでやや塩辛くなっています。とはいっても塩辛いのは最初だけで、噛みしめているうちに旨味がジュワリと出てきます。まるで「あたりめ」のように楽しむことができるので、お酒と味わう一品にはうってつけです。

タガメの食感を何かに例えるなら『エビの殻』に近いような気がします。ただのエビの殻というよりも『焼いた海老の殻を何層も重ねたもの』を食べている感覚です。

そのまま食べても美味しいですが、軽く油にくぐらせて素揚げにしたり、天ぷらにしてもお召し上がりいただけます。海老の殻を何層も重ねて天ぷらにした一品…という風に捉えると、少し高級な料理を食べているような気がしてきませんか?食用タガメはbugoomオンラインショップでお買い求めいただけますので、ぜひ皆さんも試してみてくださいね。

この記事に登場した昆虫

関連記事

この記事を監修した人物

関連キーワード

bugoomブログ

実食レポート

【食レポ】タガメは本当に食べられるのか?実際に食べてみた。

LINE公式アカウントご登録で500円OFFクーポン進呈

友だち追加の方法

QRコードを読み取る
  1. LINEアプリを起動
  2. 「ホーム」>「友達追加」>「QRコード」の順に進む
  3. 左記のQRコードを読み取る
  4. 「昆虫食ならbugoom」を友達追加
IDで検索する
  1. LINEアプリを起動
  2. 「ホーム」>「友達追加」>「検索」をクリック
  3. 検索フォームに「@090wulam」入力してID検索
  4. 「昆虫食ならbugoom」を友達追加